光ケーブルは今では主流になっています

通信ケーブルとしてUTPケーブルと光ケーブルがあって、いまは光ケーブルの方が主流になってきています。
その光ケーブルの仕組みのひとつとして光ファイバーが重大な役割をはたしています。
光ファイバーが光をおくって通信を行っているので、その光ファイバーを数本束ねて、一本のケーブルにしているのですが、そのケーブルこそが光ケーブルといいます。
しかし欠点としては石英ガラスをつかっているためにもろかったり、ひっぱったりすることに弱いことがあります。
その光ケーブルですが、光ファイバーを2本並べて平らに束ねたものを2芯テープ芯といい、光ファイバーを4本平らに並べて束ねたものを4芯テープ芯といいます。
光ケーブルは昔に比べてより一層いろいろなことに使われていてよりいっそう身近なものになっていますよ。