光回線料金に加えられるIP電話利用料とは?

インターネットの普及とともに発展しているのがIP電話です。
たいていのプロバイダーではこのIP電話サービスをオプションとして提供していることが多くなっています。
オプション価格や通話料金は光回線料金に加えられて支払うことになるでしょう。
これまでの固定電話では遠距離通話は料金がかさむ、というのが常識でした。
しかし、IP電話なら距離は関係ありません。
また、これまで使っていた電話機やFAXをそのまま使うことができるというのも魅力的です。
それで、IP電話基本料や通話料が光回線料金に加えて請求されるとしても、固定電話の長距離通話と比べればずっと安いIP電話が普及してきました。
光回線料金を比較検討する場合には、このIP電話料金も考慮のうえで決めるのが賢い方法だといえるでしょう。
光回線インターネットであれば固定電話回線を経由しないため、固定電話の契約を廃止したり休止したりして基本料金を節約することも可能です。
また、最近の若者のように電話は携帯電話しか使わないという世代にとっては、固定電話は必要ないのかもしれません。